QLOOKアクセス解析

楽天銀行の魅力は、何と言っても業界トップクラスの金利の低さですよね。

年利4.9%~14.5%という金利の低さは、誰が見てもカードローンを選ぶにあたっては嬉しい金利になっています。

ですが、おいしい話はなかなかあるものではなく、他より良い条件の金利で借りるためにはそれだけの試練が待っているといえるかもしれません。

金利は安くても審査に通らなければ意味がない

金利が低いという事は、それだけ多くの人が申し込みをするという事になりますので、それだけ競争力が必要になってくるのは分かります。

しかし、いくら審査が早くても、その審査に通らなければ低金利でも意味がありません。

もちろん、様々なところからローンをしている、返済を滞っている回数が多いなどという場合には、審査否決でも納得ですがそれだけではないようです。

実際に、楽天ゴールドカードを持っている人が否決になるというケースもあるようで、安易に審査通過できるとは考えない方が良いようです。

申し込みの審査だけではなく、増額審査にも気を付けよう

審査をするのは、何も新規申し込みをするという時だけではなく、増額をする場合にも審査が行われます。

新規と増額で審査基準は異なりますが、基本的な部分は同じになっていますので、増額の場合であっても注意が必要です。

増額を希望する場合には、楽天銀行から「増額しませんか?」と連絡があった時はしやすいですが、それ以外の時に増額申請をすると否決になることが多いので、増額する時にはできるだけ枠を大きくとって増額するようにしましょう。

社名変更で大きく変わる金利と審査

楽天銀行は、旧イーバンク銀行から行名変更し、それと同時にカードローンの名前も、マイワンから楽天銀行スーパーローンへ変更となりました。

銀行のだけを利用している場合には、楽天ブランド力が強くなったなといいうくらいに感じますが、カードローンの場合には金利が大きく変わったり、審査基準が変わるという事もあり、非常に不便を感じている人もいます。

特に、融資可能額を大きく増額していた人が、急に減額され残額ゼロになるなどという事もあり、その後の資金繰りができなくなってしまうということが起こることに繋がってしまいます。

そうならないように、普段から「どのように変更になるのか」、「どのような影響が出てくるのか」という事をメールやホームページで確認する事が大切になります。

急な変更は予期せぬことですが、契約書や約款などに記載されていることもありますので、自己責任の下でしっかりと確認をするようにしましょう。